世界の青と白のイラスト。

経済的な活力を失うことなく、豊かな自然環境を守りつづけていく。未来の人類の生活の質は、この課題を実現できるか否かにかかっていると、ハーマンミラーでは考えています。両者は相容れないものではなく、分かちがたく結びついたものです。あらゆる生物が基盤とする自然環境のバランスを守り、より豊かなものにしながら、世界で増え続ける人々のニーズを満たしていく。それが人類の将来を決める鍵となるのです。

2004年に、業務運営上発生するCO2をゼロにすることや、100%再生可能電力を使用することを目標とした環境目標を設定しました。10年を経過し、これらの目標をほぼ達成しており、CO2の発生を91%削減し、さらにこの3年間は電力に関しては再生資源より100%得ています。これらの目標に向けた進歩を受け、当社の環境保護に対する努力をさらに推し進める時が来たと確信しています。

当社の今後10年間の環境保護戦略である「Earthright」は、3つの原則によってスタートします。これらの原則とは、「積極的に透明性を推し進めること」、「製品を命あるものとして扱うこと」、「さらに一緒に環境にやさしくなること」です。当社では、資源や、環境保護を推進するデザイン、さらにはコミュニティ主導型になることなどを活用することにより、当社の目標を強化してきました。特に大切なことは、さらに多くの社員やサプライヤー、お客様を巻き込むための新たな手段を見つけることです。

これらの目標を2023年までに達成することに努力します。

  • 廃棄物をゼロにする
  • 水の使用量を50%減らす(3億ガロン)
  • エネルギー強度を50%減らす
  • 地域の再生エネルギーの使用を50%増やす(50,000 mwh)
  • 環境保護の認証を受けられる製品のみをデザインする
  • レベル3を取得できる製品のみを作る
  • 年間125,000トンの製品を回収する

これらの目標を達成するには並々ならぬ覚悟が必要ですが、ハーマンミラー全社に浸透した健全かつ戦略的な思考方法と技術の進化をもってすれば、不可能ではないと確信しています。

ハーマンミラーの安全と持続可能性に関する方針

ハーマンミラーは、安全と持続可能性に関し、2方向からアプローチします。

私たちは、トップダウンで安全性および持続可能性の目標を設定し、企業のスコアカードでこうした目標に対するパフォーマンスを管理しています。

ボトムアップでは、人やエコシステムの健全性およびウェルネスに対して熱い思いを抱く社員が組織的なプログラムに参加し、プログラムを通して模範を示せるようにしています。

こうしたアプローチは、ハーマンミラーの環境および労働安全衛生マネジメントシステム(EHSMS)と調整しながら、次の取り組みを通して常に改善を目指して努力しています。

  • 職場および自宅の双方における安全に関する知識、健康および幸福を促進し、怪我や病気を防ぐ。
  • 汚染の防止、あらゆる廃棄物の排除、すべての資源の有効利用に基づいて行動する。
  • より安全な化学的特性を持つ、持続可能性に優れた製品を推進する。
  • すべてのステークホルダーとベストプラクティスを共有および協議して、定期的に報告し、規制やその他の基準の順守にとどまらず、より高度な水準を目指す。