独創性を生み出す才能

アイシェ・バーセルはトルコのイズミールという2000年以上の歴史を持つ港町で生まれ、地中海のコスモポリタンカルチャーを吸収しながら成長しました。

製品デザイナーAyse Birsel

バーセルは、Middle Eastern Technical University で1981年から1985年まで学びました。その後、フルブライト奨学金を得て、ニューヨークにあるプラット・インスティテュートの修士課程へ進みます。ここでは、問題を煮詰めることにより、新しいソリューションを見出し、デザインの視点を磨き上げました。こうした視点を持つ彼女だからこそ、変化を歓迎する企業や組織と働くのを喜べるのでしょう。「古い答えに新しい形を提供するのはあまり得意ではありません」と語る

バーセルのオリジナリティを生み出す才能は、働く人々とワークプレイスの変化に対応する全く新しいシステムを模索していたハーマンミラーにとって、大変魅力的なものでした。こうして彼女が考え出したリゾルブは、人々に快適さと交流をもたらすユニークな外観、そして人間を中心に捉えたデザインで、今までに全く見たことが無いものとなりました。

「問題・ソリューション・フォルムの抽出とその本質の集約...」

アイシェ・バーセルについて

製品デザイナーAyse Birsel