デザイナー:ビル・スタンフ、ドン・チャドウィック、1994年

デザイナーのビル・スタンフとドン・チャドウィックは、健康に良く、多彩な機能を備え、多様なサイズに合う、環境に配慮したチェアの創作に取り掛かり、世界中の誰もが今まで見たことのないデザインに辿り着きました。アーロンチェアは、人間工学およびマテリアルの革新において先駆的な一歩を踏み出し、従来のスタンダードだったウレタンフォームと布やレザーを使用することなく、快適な座り心地を提供しました。それはオフィスチェアの在り方についての人々の考え方を変え、それにより一般の人々の中で不動の地位を築きました。

黒いAeronオフィスチェアの正面図。メッシュバックとシートを示しています。

ドン・チャドウィックによるリマスター、2016年

そして今、同じ基準が、生まれ変わったアーロンチェアの基礎となっています。新しい視聴者のために名作映画やアルバムが作り直されるように、アーロンチェアもまた、ハーマンミラーの座るという科学に関する最新の研究、マテリアル、製造、技術の進化、そして現代の仕事に基づいてリマスターされました。

1994年のオフィスと、現代のオフィスは大きく異なります。たくさんの変化が起こった今、現代の仕事、働く人々、ワークプレイスのニーズをさらに満たすために、アーロンチェアが変わることも理にかなっているのです。

製品デザイナーBill StumpfとDon Chadwick

「まったく新しい種類のチェアを開発したいと考えていました」

ビル・スタンフドン・チャドウィックについて