今日のインクルーシブでフレキシブルな職場のためのデザイン

Sabhaは、世界的なトップ企業の成功の裏には優れたチームワークやコラボレーションがある、ということに気づいたことから生まれました。「今日の迅速なビジネス環境にとって何が必要かを考えた時、私たちのエンドユーザーとなる企業は一体感と柔軟性を追求している、ということに気づきました。私たちは、これまでに発表したすべてのデスクやパネルシステムから得た学びをもとに、システムとしての仕組みをデザインすることを決めました」と、ハーマンミラーアジアのデザイン開発のヘッド、ジャック・ワンは話します。

3つのSabha共同座席モジュール。紫色の背中とグレーの座席があり、それぞれ立った面を背にしています。

最後に作った

また、ハーマンミラーアジアは耐久性にもこだわりました。「Sabhaをデザインする上で、私たちはお客様に持続可能な、つまり、製品全体を廃棄して最初からやり直さなくても、時々仕上げを変えることができるようなソリューションを提供したかったのです」とワンは言います。その結果、スタイルに妥協することなく、利便性、柔軟性を兼ね備え、かつ変化に対応できる集合的な家具が誕生しました。

再構成されるように設計されている

モジュール性は、Sabha固有のデザインのひとつです。コレクション全製品に共通のアンダーストラクチャーを使用し、同一プラットフォームの上部をクランプで連結できるため、簡単に取り付けたり外したりできます。

A bright collaboration area featuring Sabha seating elements and ottomans.