デザイナー: チャールズ&レイ ・イームズ

Eames Coffee Table

木製の脚、メタルクロスストラット、ミディアムウッドのトップを備えた長方形のEamesコーヒーテーブルの斜め方向。
 

チャールズ&レイ・イームズが自分たちのためにデザインしたコーヒーテーブル

黒い木の脚、金属のクロスストラット、白い大理石のトップを備えた長方形のEamesコーヒーテーブル。

イームズコーヒーテーブル

このコーヒーテーブルは、チャールズ&レイ・イームズが1949年にパシフィック・パリセーズの自宅でデザインしたコーヒーテーブルを復刻したもので、木製ベースにメタルが斜めにかけられており、イームズシェルチェアの木製ダウエルベースを彷彿させます。イームズオフィスと密接に連携してイームズのデザインを受け継いできたハーマンミラーが、この度、元々金箔で覆われていたレクタンギュラートップをより実用的な天板に変えました。現在、天板はスクエアまたはレクタンギュラーを用意しています。 どちらもべニアや大理石、無垢材などの天然素材ら選択でき、どれもエレガントな雰囲気を演出します。

デザインストーリー

チャールズ&レイ・イームズは、どの様な状況においても根底に根差す問題を分析し、純粋に問題を解決することからそれぞれのプロジェクトを開始しました。そして日々の人々のニーズに対応する熱意と実験に対する果てることのない情熱に駆られて、二人は数十年経っても変わらずシンプルで美しいデザインを考え出したのです。

それが1949年にデザインされたイームズコーヒーテーブルです。このレクタンギュラーのテーブルは、元々は、パシフィック・パリセーズにある心地よい自宅の片隅に置くためにデザインされました。 金箔で覆われた天板と斜めにかけられたワイヤーが付いた木製のダウエルレッグが特徴で、その後このベースはシェルチェアとなって生産されています。その後数年にわたって、チャールズ&レイ・イームズは大理石の天板など、二種類のテーブルを製作しましたが、2017年までそのデザインが商品化されることはありませんでした。

木製の脚、金属製のクロスストラット、およびライトウッドのトップを備えたEamesコーヒーテーブルの角度のある眺め。

「ディテールは単なるディテールにとどまりません。ディテールが製品を作るのです」

チャールズ&レイ ・イームズの詳細情報

製品デザイナーRayとCharles Eames