デザイナーのレンズを通して

WHYは、アーロンチェアの共同デザイナーであるドン・チャドウィックが最近の旅行で撮影した映像をお伝えします。


作者: Sam Grawe

アートワーク: Don Chadwick

WHY Magazine - Through the Designer's Lens

「他の人達が見ない物を見るのがデザイナーとしての任務です」2012年に、彼のスタジオがあるカリフォルニアのサンタモニカで私たちがフィルムを撮っているときに、ドン・チャドウィックがWHYに語ってくれました。「もしあなたが私のように好奇心旺盛であるなら、自分の周りにあるビジュアルランゲージをいつも理解しようとしているでしょう」

自分の周りの環境が提供してくるビジュアルランゲージを自然に分類して調べることに、デザイナーたちは没頭してきました。ジョージ・ネルソンの1977年の本、How to Seeの序文で彼はこう書いています。「私たちが最も時間を費やしている物理的環境を本当に見たいのであれば、デザインとデザインプロセスについて理解する必要があります。つまり、見ることとデザインは関係しているのです。考えること、見ること、そして感じることがちょうど関係しているように」

ネルソンが公共の場で35mmカメラを首から下げていないところをめったに見られなかったように、チャドウィックもいつもカメラを(今はデジタルですが)準備万端で持っています。「フィルムでも言ったように、カメラはまさに別の目なのです。私はメモは取りませんが、写真は撮ります」と彼は説明します。「振り返って写真を見ると、その時重要だった状況や側面を思い出すことができます。それはまるで、メモを取らずにストーリーを読み返すような感じです….私にとってのストーリーを」

彼の写真撮影に対する情熱にインスピレーションを受けて、WHYはチャドウィックに最近の写真をいくつか見せてくれるように頼みました。彼は親切にも最近旅行したモロッコとキューバで撮った以下の写真を送ってくれました。「このような国に行って、いわゆるエリートと呼ばれる人に対して、普通の人々がどのような暮らしをしているかを見ることは、いつも興味深いことです」と彼は説明します。「この二分にいつも気づくのです」

実際、二分に対する感受性が、チャドウィックにレンズの焦点を合わせるように駆り立てているようです。一方、視覚的な対照もあります。つまり対照的な尺度、陰と光、モノトーンとカラー、前景と背景などです。人目を引くビジュアルを見つけ出すチャドウィックの目は、デザイナーとしての彼のスキルを考えると、驚くことではありません。しかしイメージをよく見ることで、別のレベルの内容が浮かんできます。伝統と現代性、衰退と成長、自然と人工の対照を通して、私たちは、人間の状態の中の何かを認識するのです。人々が毎日下している小さな決断から生じる偶然の結果を目にします。小さな、ほとんど取るに足らない、ディテールの累積的影響を目にします。私たちが住んでいる世界によって、私たちが形作り、形作られることを目にします。ストーリーを目にします。

写真を撮ることは、消去する作業です。レンズの視界の及ばない世界を選択して編集消去しているのです。残ったものは、ある瞬間の、ある地点からの光をただ単に記録したものです。これは文の中の言葉と同じくらい簡潔なビジュアルコミュニケーションです。しかし、ネルソンは、How to Seeの中で、ビジュアルを読み取ることは、この文章を読むこととは違うと、私たちに気づかせてくれます。従うべき合意に基づいたルールはありませんし、私たちそれぞれが異なる意味を見つけることもあるでしょう。「私たちは、積み重なった経験、記憶された情報、個人的な興味、そして凝り固まった信念に照らし合わせて見ているのです」とネルソンは書いています。「テーマの中にある関心事は、題名の中になどありません。その中身のメッセージを、読者と読者の能力で解読するのです」

Arch

アーチ
これは、モロッコのメクネスにあるRoyal Horse Stablesで撮りました。これが建てられた17世紀は、持ちこたえるようにすべてを過度な構造で作らなければなりませんでした。古くなって崩壊してきたので、レイヤーが剥がれ落ちてきています。このアーチ形の天井の1つの照明が、構造と崩壊の両方を照らし出している所が気に入りました。

“ここには、風合い、そして素材と職人技の実直さがあります。このドアは、近所のホームセンターでは買えません。絶対に。”

—ドン・チャドウィック

Atlas Door

アトラスドア
これは、大部分の構造が泥か泥レンガで作られたアメリカ先住民の部落を思い出させるアトラス山脈の小さな村で撮影しました。ここには、風合い、そして素材と職人技の実直さがあります。このドアは、近所のホームセンターでは買えません。絶対に。

Fes I

フェズI
フェズでは、典型的な建築物のほとんどがあまりにも素朴なことに魅了されました。その場しのぎの材木がこの建物を支える一方、ほぼ全部の建物からパラボラアンテナが突き出ています。

Fes II

フェズII
フェズの第一印象は、とても単色なことでした。この場所からの旧市街にかけては、すべてが同じ色で一体となり、同じものが繰り返されています。しかし、実際に路地に入ってみると、路上には活気がみなぎっているのです。そしてパラボラアンテナもあふれています。

 

The Souks

スーク
スーク、またはバザールに行くと、観光地なので、ひっきりなしに何かを売ろうとしてきます、食品、衣服、セラミック、タイルなど、ありとあらゆるものを。歩き回っていると、「私はここにいるわよ、試してみて」と、いうような存在を感じることでしょう。これらは小さな発見です。その鮮烈さとディテール。それらが私の目に留まるのです。

The Tannery

なめし革工場
モロッコのなめし革工場は有名で、見ても面白いものです。なぜなら皮革製造のプロセスが分かりやすいからです。匂いがとても不快だという人もいますが、私はまったく気になりませんでした。ミントの葉をくれるので、鼻に近づけてその匂いを嗅いでいるといいのです。

Hassan II Mosque

ハッサン2世モスク
カサブランカにあるこのモスクは本当に壮観です。ゴシック様式の大聖堂と比較することは難しいですが、ここには同じように感動的な空間があります。この壁への光の差し込み方に興味を持ちました。非の打ち所がないからです。光が床の表面に完璧に反映しています。

Mosque Ceiling

モスクの天井
モスクの天井に見られるディテールと職人技に魅了されました。これはモロッコの都市部だけを歩き回っていては見ることができないものです。

Souk Window

スークの窓
スークでは、建物はかろうじて持ちこたえています。老朽化が進んでいます。でも売っているものは新品です。この写真では、この昔からの窓に対して、または窓を通して、ディスプレイされている新しい衣服とのすばらしい対比を見ることができます。

YSL Door

YSLのドア
マラケシュのマジョレル庭園は、1920年~1930年代の植民地時代にデザインされ、後にイヴ・サンローランが所有しました。今では観光地となっていますが、さまざまな色彩に圧倒されました。このような色彩は普通見ることはできません。

Havana

ハバナ
この写真は、別の目的に使用されていた建物を改装したハバナのレストランの後ろから撮りました。とにかく、海の群青色がプールのアクアブルーと対比し、それにこのステップが交差していて、ホックニーの絵画より素敵でした。

RCA

RCA
ハバナのショッピングエリアを歩き回っているときに、このサインを見つけました。とても魅せられました。現場打ちのコンクリート、そして生い茂る植物。別の時代に遡るものであることは明らかです。アメリカがキューバと貿易をしていた時代に。このグラフィック文字が好きです。

Escuelas Nacionales de Arte

国立芸術学校
キューバは間違いなく熱帯地方なので、排水菅に興味がありました。デザイナー達がどのように雨に対処して、天候から保護しているのかを。グラフィック的に、面白かったです。

Havana Shadows

ハバナの影
これは確かカフェで休んでいたときに、男たちが、修理か何かのために建物で作業していました。がれきを下ろすためにバケツを使っていて、そのシーンすべてを撮影しようとしたのですが、良いショットが撮れませんでした。結局、撮れたのがこれです。手押車と男性が写真の外に立っているところです。