Ayse Birselによる製品

Ayse Birselはトルコ出身のデザイナーです。現代的な思想と慣行と何百年も続く慣習との調和がトルコの魅力と言われるように彼女の作品も、あらゆるものが融合されているのが特徴です。Ayse Birselはイズミール(トルコ語でスミュルナ)という2000年以上の歴史を持つ港町で生まれ育ち、彼女が地中海のコスモポリタンカルチャーを吸収したのもこの町でした。


Birselは、トルコの首都アンカラにあるMiddle Eastern Technical Universityで1981年から1985年まで学びました。その後、フルブライト奨学金を得て、ニューヨークにあるプラット・インスティテュートの修士課程へ進みます。在学中、彼女はブルース・ハンナ、ロシーナ・リード、ピーター・バルナとの出会いを通じて、問題・ソリューション・フォルムの抽出とその本質の集約という「実用的な」観点からのデザインを学んだと言います。問題を煮詰めることにより、新しいソリューションを見出す ことが、彼女のデザインの基礎となっているのです。

アイシェ・Birselは「アウトサイダー」であることの意義についても、こう答えています。

「私が知らないことはとてもたくさんあります。 でもこれは、それを知っている人達と協力すれば簡単に解決できることですから。」新しいアイデアに対する彼女のオープンさは、デザインの世界では大切なことです。彼女自身、デザイナーが物事を客観的に先入観なく観察できることはメリットだと言います。

「...問題・ソリューション・フォルムの抽出とその本質の集約。」

- Ayse Birsel

こうした視点を持つ彼女だからこそ、変化を歓迎する企業や組織と働くのを喜べるのでしょう。「古い答えに新しい形を提供するのは得意ではないのです」と語るBirselにとって、デザインとは身勝手なプロセスだと言います。デザインが好きだから、デザインするのだと。彼女の作品は革新的なものが多いとはいえ、革新を目標とはしていません。「革新性に重きを置きすぎると、ガラクタをたくさん生み出すことになります」と彼女は言います。Birselは、いつも「なぜ?」そして「なぜそうではないのか?」と問い続けています。コラボレーションには異質なものを合成する作用があるのです。

プラット・インスティテュートの卒業作品「The Water Room」はID誌のアワードでコンセプト部門を受賞、日本の「デザイン・フォー・フューチャー」コンペでも賞を得ました。その後、ブルース・ハンナと共にオフィス用品のコレクションをデザイン。1995年には、日本のTOTOのためにウォシュレットつきトイレのデザインをしました。1997年6月に、リゾルブオフィスシステムのデザインに着手します。その後、夫のビビ・セックと共にデザインしたTeneoストレージファニチャーが幅広い賞讃を受けました。